イタヤ細工 オボキ(深めのカゴ/小物入れ)

角館の伝統工芸のイタヤ細工。
200年以上の歴史があり農具を中心に作られてきたため、とにかく丈夫です。
寒冷地で育つイタヤカエデの幹を裂いてヒゴ状にし、一つ一つ丁寧に編んでいます。

古くから作られているオボキは、多用途で使い勝手に優れた小物入れ。
底辺は四角で、上部は丸型になっています。

ミカンや果物を入れたり、小物などを入れてお使いください。
強くて軽いので、持ち運びもできます。

素材 イタヤカエデ
サイズ 16×16×高さ9センチ ※底辺のサイズを計測したものです
制作 イタヤ細工工房 佐藤定雄(秋田県仙北市角館町雲然)
  • 11,500円(税抜)