鹿面

愛媛南部には伊達家(宇和島藩主)の関係で仙台から伝わった「鹿踊り」があり、今もお祭りや神事で盛んに踊られています。この「鹿面」は、張子専門の職人さんによってつくられている愛媛宇和島の伝統的な郷土玩具。

お面のような構造になっていて、角の部分は藁を素材につくられており、面の部分は愛媛の手漉き和紙(大洲和紙)を重ねた張子でつくられています。

鹿面のサイズは2種類。いずれも壁に掛けて楽しめます。


郷土玩具「鹿面」
サイズ (大) 約23×17×奥行き16 cm ※面のサイズ
     (小) 約11×11×奥行き9 cm  ※面のサイズ
素材 張子
製作 よしを民芸店(愛媛県宇和島市)



  • 3,024円(税224円)
サイズ