ねずみ(八橋人形)

秋田の伝統的な郷土玩具「八橋人形(やばせ・にんぎょう)」。
一時は途絶えてしまった郷土玩具ですが、市民の有志が集まって当時の型を元に復興させた土人形です。

干支の子(ねずみ)は、「白ねずみ」と「はりねずみ」の二種類。

白ねずみは、赤色の耳と、金色のしっぽがチャームポイントです。
中に土玉が入っているので、鳴らすとコロコロと音がします。

はりねずみは、先代の道川トモさんの作品をオマージュしたものでで、可愛らしい印象です。(土鈴ではありませんので、ご注意ください)


サイズ:縦4×横3×奥行き7センチ
素材:土人形に着彩
製作:八橋人形伝承の会
※紙箱付き
  • 1,100円(税抜)
種類