鍋敷き

角館でつくられている伝統工芸「イタヤ細工」。
200年以上の歴史があり、農具を中心に作られてきた歴史があります。
素材はイタヤカエデという木。帯状に裂き、編んで作られています。
イタヤカエデの若木は強くしなりがあり、長持ちするのが特徴です。
年月とともに、飴色に変化していきます。

品名:鍋敷き
サイズ:16×18センチ(手作りのためサイズには多少の違いがあります)
素材:イタヤカエデ
工房:イタヤ細工工芸 佐藤定男(秋田県仙北市角館町雲然)

販売価格 1,500円(税抜)

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

Nowvillage

ひとり地域調査隊。埼玉で学芸員を経て、2014年に愛媛→2018年秋田へ移住。地域に根付く手仕事や昔ながらの風習など地域固有の文化に魅せられ、その魅力を広く発信したいとNowvillage(ナウビレッジ)を立ち上げる。現在は、愛媛や秋田の手仕事をショップ等へ卸す事業を展開。不定期でワークショップやイベントも開催。