鍋敷き

角館でつくられている伝統工芸「イタヤ細工」。
200年以上の歴史があり、農具を中心に作られてきた歴史があります。
素材はイタヤカエデという木。帯状に裂き、編んで作られています。
イタヤカエデの若木は強くしなりがあり、長持ちするのが特徴です。
年月とともに、飴色に変化していきます。

品名:鍋敷き
サイズ:16×18センチ(手作りのためサイズには多少の違いがあります)
素材:イタヤカエデ
工房:イタヤ細工工芸 佐藤定男(秋田県仙北市角館町雲然)

  • 1,500円(税抜)