こけし箸

素朴なお顔がかわいい木地山系の「こけし箸」。

秋田県湯沢市は、古くから川連漆器(かわつら・しっき)の産地として知られ、漆器の木地をろくろで挽く傍らで作られ始めたのが、秋田の木地山系こけしです。

このお箸は、川連漆器とこけし工人のコラボレーションによって生まれた商品。
漆の部分は、粉末になった漆を蒔いてざらつかせた「乾漆」で作られているため、すべりにくく丈夫です。

漆は阿部始漆器店、こけしの絵付けはこけし工人の三春文雄さんが手掛けています。


【種類】
A.小椋泰一郎型の箸(朱色)
B.小椋泰一郎型の箸(黒色)
C.小椋久四郎型の箸(朱色)
D.小椋久四郎型の箸(黒色)
E.三春文雄 本人型の箸(朱色)
F. 三春文雄 本人型の箸(黒色)
G.小野寺正徳型の箸(朱色)


【こけし箸】
サイズ 21.5センチ
製作・販売 阿部始こけし店(秋田県湯沢市)
価格 各3,300円税込

  • 3,300円
種類