樹皮細工のバック(小)

秋田県秋田市太平地区に伝わる太平箕(おえだらみ)の職人・田口召平さんによる「樹皮細工のバッグ」。

箕(み)の材料を採りるために山に入っていた田口さんですが、そこで美しい木々の表情に出会い、約20年前から樹皮細工を作り始めました。

こちらはキハダとくるみの樹皮を組み合わせた小さなバックで、持ち手は革ひもを合わせました。
樹皮の形や木肌を活かしたいという思いから、なるべく自然の風合いを活かした作りになっています。

木々の自然本来の魅力に触れながら、長くお使いいただける逸品です。


【樹皮細工・くるみの小物入れ】

<写真左・A>
素材 キハダ(表裏)、くるみ(側面)、ぶどう(縁)、革ひも(持ち手)
サイズ 縦14 × 横幅16 × 奥行き(マチ)10

<写真右・B>
素材 キハダ(表裏)、くるみ(側面)、ぶどう(縁)、革ひも(持ち手)
サイズ 縦20 × 横幅15 × 奥行き(マチ)9

制作 田口召平(箕作り職人)
※樹皮をそのまま加工しているため、大きさは部位によって多少異なります。荒々しい風合いなども、手仕事の魅力としてお楽しみいただければ幸いです。
  • 19,800円
種類